【笑いながら脳を鍛える】なぞかけブログ

毎日なぞかけをつくって更新します。

【お題】テレビ番組の芸能人

   

「テレビ番組の芸能人」とかけて








「ところどころに伐採の跡がある森林を散歩」ととく








    そのこころは


     ・・・・

     ・・・・

     ・・・・






《ぜひ、ご登録ください!!登録は無料です!!》

  ●あなたの言語脳を鍛えるメールマガジン
   【笑いながら脳を鍛える】なぞかけめ~る♪
   http://www.mag2.com/m/0000159712.html


  Web2.0時代は、言語脳を鍛えることが重要です。
  なぜなら、みんなが情報発信者になる時代だから。
  また、ユーモアも大事ですね。
  楽しいことに人は集ってくるのですから。

  このメールマガジンは、登録すれば週1回、
  なぞかけをクイズ形式にしたものが配信されます。

  気楽に楽しんで言語脳が鍛えられますよ。 
  また、読者の皆様のなぞかけの発表もあります。

  最終的には、
  「お客様が自らなぞかけを考えて、他のお客様を笑わす。」
  という楽しいイベントを日本各地で流行らせ、
  日本を明るくしたいということを目標にしております。


  そんな読者約5000人のメルマガ
  「【笑いながら脳を鍛える】なぞかけめ~る♪」
  にあなたも参加しましょう。上のURLで
  バックナンバーが見られます。読者登録もできます。


   (06年9月より言葉遊び界の大御所・笑鬼会本院冗皇こと
  乙田東洋司さんの寄稿をいただいておりました。)

  (ウィークリーまぐまぐ[エンターテイメント]2006/09/01号と
  ウィークリー女子まぐ!2007/06/18号と
  ウィークリーMag2エンタテイメント版増刊号2007/08/07
  号で今週のおすすめメルマガとして紹介されました。)

  (07年1月15日、2月14日、4月27日、6月20日の
  melma!ニュース、教えて!メルマニア
  「みんなのおすすめマガジン発表☆」で紹介されました。)








    そのこころは


     ・・・・

     ・・・・

     ・・・・






「あちこちで古株を見かけます。」




 


 《コメント》

 
 今回の関連記事はこちら 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000902-san-ent





 ブログを書いて欲しいタレントNo.1はタモリさんなんだそうだ。
 この調査は、ブログを書いている人対象だから、
 けっこう若い人も答えているはず。
 つまり、タモリさんは今現在でも、
 かなり若者の支持を得ているということだ。





 しかし、それにしても、タモリさんといい明石家さんまさんといい、
 もう20年以上もテレビの第一線で活躍し続けているぞ。






 あれだけ、雨後のたけのこのように
 若いテレビタレントが毎年新規参入してくるのに、
 あれだけ、人気が続かずいつのまにか消えていく
 テレビタレントが多いというのに、
 20年以上もテレビにコンスタントに出続けているのはかなりスゴイ。

 





 タモリさんもさんまさんも、いったいこれまでいくら稼いだのだろう?
 それを考えるだけで、芸能界は格差社会ということがよくわかります。
 でも、この格差社会は誰も問題視しませんね。  







【速読法体験日記】

 自分の頭を活性化するために、本をたくさん読めるようになるために
 毎日パソコンに向って10分間速読の訓練していました。

 一応2006年9月22日(金)で訓練開始366日となり、
 自己最高は読書速度分速12810字まで行きました。

 最終目標の分速15000字には到達できませんでしたが、
 読書のスピードが上がり、たくさんの本が読めるようになりました。

 また、頭の回転がよくなったのか、なぞかけを考えるのに
 苦労しなくなりました。

 興味のある人はどうぞ。無料体験もあり。
 http://snipurl.com/1j3gm

 


【本は知識の源泉であり、自分のボキャブラリーを増やす唯一の手段】

 お時間のあるお方は古本屋に入ったつもりでお越しください。
 あなたにはまる1冊が見つかるかも。

                 ↓     

    落語ファンの方へ、落語の古書大放出中です。
       → http://anrakuan.hp.infoseek.co.jp/rakugohuruhon.html
    落語ファンじゃない方はこちら
      →  http://anrakuan.hp.infoseek.co.jp/hennahon.html